ターゲット:40代以上の運送事業経営者
LP制作の目的:無料レポートを請求してもらう

デザインのポイント

  1. 『警告!』を注意を引き、まず読んでもらいたいところを明確化
  2. 画像を掲載し誰からのメッセージなのかを具体化。(誰からなのかわからないと不安に繋がります)
  3. 無料だが価値あるレポートだと感じてもらうために、表紙をしっかりデザインする。(業界の専門書のように)
  4. ボタンは全体感に対し、目立つ色でデザイン。『詳しくはこちら』ではなくユーザーの意思を示す『無料でレポートを入手する』とし行動を促す。
  5. 実績示し、安心感信頼性を感じてもらい不安を軽減する
  6. ①〜④までを、目線の動きを意識して配置

このLPの最大のポイントは、カッコよくし過ぎない所になります。

このページは、ターゲット(運送事業経営者)だけに反応してもらえれば良いので、その他の人には関係ありません。

目立たせたいかといって、今風の綺麗で派手なデザインにしてしまうと、反応してもらいたいターゲット(運送事業経営者)は、パッと見で

「?俺には関係ない?」と思われ
閉じられてしまいます。

なので、デザインもターゲット(運送事業経営者)が普段目にし親しみのあるデザインに合わせる必要があります。

必ずしも、『カッコいい』方が良いを言うわけではないのです。

ご参考になればと思います。

ランディングページの有効な活用事例

・地域での専門性を高めたい。
・信頼性を感じてもらい資料請求したもらいたい。
・お客さんにサービスの価値を感じてもらいたい。

興味がある方は、お気軽に以下のフォームからお問い合わせください。